事務系の資格は不利になる事も

事務系の資格は不利になる事も

少し前では女性の仕事といえば事務と言うこともあったでしょう。しかし、今では経費を少しでも減らすために派遣に切り換えている所も多いですし、自分たちで出来るなら雇わない企業も出て来ています。今後はお茶くみの事務系の仕事は減少する傾向にあります。簿記や経理の仕事は減ってきており、これらは特に資格が無くてもパソコンを使えば誰でも入力できるように変わってきているのです。昔のように資格があったほうが有利と言う事は無く、30代の女性が新たに取得するのはあまりおススメできません。
また、事務を雇うなら20代など若い女性を雇う場合も多いのではないでしょうか。30代となればそれなりに給料の額も必要となってきて、新しく雇うのも敷居が高すぎると考えてしまいます。それなら卒業後の若い女性を雇い、今ではパソコンを使えば難しい業務ではありませんから、コツコツと覚えてもらおうという所も増えています。
既に事務系の資格を持っている方も、30代の転職は難しいかもしれません。現在勤めている会社で長く働くか、新しい分野に挑戦し資格取得をおススメします。IT系ならまだまだ先がありますし、事務が出来るならパソコン系の資格取得も良いと思います。事務から繋げられる資格を考えてみて下さい。